木楽な家

  • TOP
  • 木楽な家

家づくりは「くらしづくり」-どんな家にしたいですか?

家づくりは「くらしづくり」-どんな家にしたいですか?

家づくりは「くらしづくり」-どんな家にしたいですか?

広い家、安い家、豪華な家、手入れの楽な家…等、例を挙げれば限りがありませんし、家に対するお客様の価値観も様々です。 家の価値が問われるのは、大きさや豪華さばかりでなく、10年先・30年先を見据えて長く住みやすく飽きのこない家をつくること。 そう考えると、過度なデザインや、斬新さなど必要なくシンプルで主張しすぎないくらいがちょうどいいのではないでしょうか? そして住まいの耐久性と同じくらい大切なことだと考えます。 月日が経つことで、家も樹木もみんな成長し味が出てくる、そんな家を、お客様と一緒につくりあげていきたいと思います。

家は買うものでなく、みんなでつくるもの。

家づくりを考えるきっかけは人それぞれですが、家は家電や車のように簡単に買い替えがきかないものです。 プランはお客様の暮らしの中や胸の内にあるものです。 建て主や設計者・職人などみんなが力をあわせて「家」というひとつのかたちをつくりあげます。 それには、会話がとても大切です、会話が最良のプランを導くための最良の道筋です。 どうか、家づくりの思いをお聞かせください。

家は買うものでなく、みんなでつくるもの。

自然素材をすすめる理由
-自然素材にはシンプルな木の家が良く似合う。

家は買うものでなく、みんなでつくるもの。

体に悪いものは使わない…だけではありません。

一般的な住宅は築年数がたつにつれて古さを感じるようになりますが、木の家はそれを感じさせません。 確かに、新築時よりは、木材が日焼けしたり、生活による傷が付いたりしています。しかし、それは古さを感じさせるというより、愛着となり、年数を刻んだ証のように感じられます。 木の家は、住む人と共に成長して暮らしを守ってくれます。 又、気候風土に合った近くの山で採れる木材で建てることは、地域で生きる工務店として、大切なことだと思います。 こんな素敵な暮らし心地を皆様にもぜひ感じていただきたいと思います。

家づくりにまつわるトータルな提案

家づくりにまつわるトータルな提案

家づくりにまつわるトータルな提案

モアテックでは建物に初めから作りつける家具も自分たちで手掛けています。 家づくりでは建物はもちろん、家具や庭も大切な要素の一つです。 そのため、余った予算でつくるのでなく予め家具製作にも予算を配分し建物と室内家具そして庭造りまでトータルに考えた家づくりを提案しています

不動産を買おう・家を建てようと思ったら…
お住まいの土地探しからお手伝い

家づくりにまつわるトータルな提案

新築・リフォーム・不動産を三位一体で行うモアテックだから出来る不動産購入のご提案があります。 建築の視点から見た土地探し、リフォームまで視野に入れた中古住宅・中古マンション購入、売却から住み替えなど、 不動産のプロがライフスタイルを考えた住まい探しや住宅ローンの相談、法律まであらゆるご相談にお答えします。 モアテックでお家を新築される方の多くは京都市近郊のお客様ですが、そのうちの約6割のお客様が土地探しからの家づくりをスタートされてます。 土地と建物の両方をモアテックがお世話させていただくことにより、お忙しいお客様の手間が省け、資金計画からローンの相談まで一貫してサポートできます。

どんな土地を選ぶかで、家づくりが決まります。

どんな土地を選ぶかで、家づくりが決まります。

いい物件があったと、安易に土地を決めてしまうのはとても危険です。 「土地探しこそ慎重に、良く考えて」と、家づくりのプロは口をそろえてアドバイスします。 その理由は、どんな土地を選ぶかにより、その上に建つ家の規模はもちろん、快適性、安全性、耐久性などにも大きな影響を与えるからです。 一つの地域にもさまざまな異なった環境があります、まずは、自分や家族がどんな生活を送りたいか、どんな環境が合うかをイメージし、そのうえで土地探しをスタートしたいものです。

建築の知識がある会社だから、良い土地の選択が出来ます。 新しい住まいの生活シーンを導き出すのには「不動産の知識」だけでは不十分です、「建築+不動産」両方を熟知したサポーターが必要です。 土地を購入しようか悩んでいても、その土地でどんな建物が出来るか想像できなければ、購入の不安は毎回襲ってきて、いつになっても賢い選択はできません。 モアテックならご希望の家づくりを考えた土地の選択が可能です。人生同様、土地探しでも意義のある選択をお考えください。 不動産屋さんが土地を紹介するとき、「整形地」とか「変形地」とか、「平坦・傾斜」「道路の方向」「駅近」…等土地のデータや数字しか見ていません、でも、それは本当なのでしょうか?「暮らすための」土地探しなのに建物を建てることを考えて土地のよし悪を判断してはいけません、土地の価値を最大限に引き出すことで、リーズナブルな費用で希望の住まいが建てられる、これが「土地探し=建築+不動産」の考え方です。

どんな土地を選ぶかで、家づくりが決まります。

「木楽な家+(プラス)」 自然素材で理想の住まいを実現する

無垢な素材でつくる自然素材の家  こだわりの住宅・住まいをご提案します。

建築の知識がある会社だから、良い土地の選択が出来ます。 新しい住まいの生活シーンを導き出すのには「不動産の知識」だけでは不十分です、「建築+不動産」両方を熟知したサポーターが必要です。 土地を購入しようか悩んでいても、その土地でどんな建物が出来るか想像できなければ、購入の不安は毎回襲ってきて、いつになっても賢い選択はできません。 モアテックならご希望の家づくりを考えた土地の選択が可能です。人生同様、土地探しでも意義のある選択をお考えください。 不動産屋さんが土地を紹介するとき、「整形地」とか「変形地」とか、「平坦・傾斜」「道路の方向」「駅近」…等土地のデータや数字しか見ていません、でも、それは本当なのでしょうか?「暮らすための」土地探しなのに建物を建てることを考えて土地のよし悪を判断してはいけません、土地の価値を最大限に引き出すことで、リーズナブルな費用で希望の住まいが建てられる、これが「土地探し=建築+不動産」の考え方です。

無垢な素材でつくる自然素材の家  こだわりの住宅・住まいをご提案します。

シンプルにお得に自分らしくセレクトしてカスタマイズ。
それが無垢な素材で建てるコンセプトハウス。

無垢な素材でつくる自然素材の家  こだわりの住宅・住まいをご提案します。

建築の知識がある会社だから、良い土地の選択が出来ます。 新しい住まいの生活シーンを導き出すのには「不動産の知識」だけでは不十分です、「建築+不動産」両方を熟知したサポーターが必要です。 土地を購入しようか悩んでいても、その土地でどんな建物が出来るか想像できなければ、購入の不安は毎回襲ってきて、いつになっても賢い選択はできません。 モアテックならご希望の家づくりを考えた土地の選択が可能です。人生同様、土地探しでも意義のある選択をお考えください。 不動産屋さんが土地を紹介するとき、「整形地」とか「変形地」とか、「平坦・傾斜」「道路の方向」「駅近」…等土地のデータや数字しか見ていません、でも、それは本当なのでしょうか?「暮らすための」土地探しなのに建物を建てることを考えて土地のよし悪を判断してはいけません、土地の価値を最大限に引き出すことで、リーズナブルな費用で希望の住まいが建てられる、これが「土地探し=建築+不動産」の考え方です。

建築の知識がある会社だから、良い土地の選択が出来ます。 新しい住まいの生活シーンを導き出すのには「不動産の知識」だけでは不十分です、「建築+不動産」両方を熟知したサポーターが必要です。 土地を購入しようか悩んでいても、その土地でどんな建物が出来るか想像できなければ、購入の不安は毎回襲ってきて、いつになっても賢い選択はできません。 モアテックならご希望の家づくりを考えた土地の選択が可能です。人生同様、土地探しでも意義のある選択をお考えください。 不動産屋さんが土地を紹介するとき、「整形地」とか「変形地」とか、「平坦・傾斜」「道路の方向」「駅近」…等土地のデータや数字しか見ていません、でも、それは本当なのでしょうか?「暮らすための」土地探しなのに建物を建てることを考えて土地のよし悪を判断してはいけません、土地の価値を最大限に引き出すことで、リーズナブルな費用で希望の住まいが建てられる、これが「土地探し=建築+不動産」の考え方です。

無垢な素材でつくる自然素材の家  こだわりの住宅・住まいをご提案します。

セミオーダー注文住宅「木楽な家+(プラス)」の開発背景
より多くの人の夢を叶えるために

セミオーダー注文住宅「木楽な家+(プラス)」の開発背景より多くの人の夢を叶えるために

セミオーダー注文住宅「木楽な家+(プラス)」の開発背景より多くの人の夢を叶えるために

セミオーダー注文住宅「木楽な家+(プラス)」の開発背景より多くの人の夢を叶えるために

本当にお客様が望む住宅を、しっかり納得して選んで建てていただくことを目的に開発しました。

住宅業界の技術革新は目覚ましいものがあり「200年住宅」という言葉が流行して早6年、住宅業界に長期優良住宅という 考えが根付きました。震災後、耐震性はもちろんエネルギーの考え方にも大きな変化があり、さらに注目されているのが太陽光発電システムやエネファームなどの設備を導入した住宅です。
自宅でエネルギーをつくりダイレクトに使える住宅に対してスマートハウスや創エネなどの言葉が生まれました。また震災後に変化したのは住宅業界だけでなく、お客様の価値観が大きく変化しました。

本当にお客様が望む住宅を、しっかり納得して選んで建てていただくことを目的に開発しました。

本当にお客様が望む住宅を、しっかり納得して選んで建てていただくことを目的に開発しました。

家に求めるのは安らかな時間であり、ゆとりある暮らしを実現する場所

それはお客様の家族構成、ライフスタイル、住宅を取得する動機などニーズの多様化です。一方的な売り手本意の価値を押し付ける情報が蔓延することで、情報量が増えたにもかかわらず選択が困難になっています。そこで私たちは時代の流れに順応しながら、皆様が分かりやすく適切に住まい選びを行なえる商品の開発を今まで培ってきた経験を活かし行ないました。それは家族の絆や繋がりや思いやりといったコミュニケーションを大切にした住まいであったり、環境に優しく美しいコンパクトで手頃な住まいであったりと、多種多様のコンセプトから生まれた商品です。

家に求めるのは安らかな時間であり、ゆとりある暮らしを実現する場所

セミオーダー注文住宅 「木楽な家+(プラス)」 の設計理念と建物ルール

セミオーダー注文住宅 「木楽な家+(プラス)」 の設計理念と建物ルール

セミオーダー注文住宅 「木楽な家+(プラス)」 の設計理念と建物ルール

セミオーダー注文住宅 「木楽な家+(プラス)」 の設計理念と建物ルール

クオリティーの高い住宅でもルールを作ることでコストを軽減できます

絶対に譲れないものがある。でも少しくらいなら我慢できるものもある。ライフスタイル、デザイン、性能、安全性は譲れないけれど部分的な形やサイズは少し位決まりがある方がコストも抑えられてムダに時間もかからなくていい。単に安くすることを強調した住宅なら世間に溢れています。でも、それでは意味がありません。100人100様の個性や高い品質はとても重要です。どこでコストを抑えるか考えた時、一定のルールを設け、合理化することで実現しました。 設計もこだわった!構造も安全で強い!間取りや仕様も大満足!!そんな思い通りの家なら予算がかかってしまうのは当然と言えます。でも、それを一定のルールをつくり、それを守る事でコストを軽減できるのです。建築費を上げているのは、「材料の無駄使い」や、「購入の手間」、「職人さんの手間」、「工事期間の長期化」などです。そうした色々なムダを徹底的に減らすルールを設けることで、高いクオリティとコストダウンを同時に実現しました。

選べる建物の大きさ

30坪前後を中心としてご希望の大きさ(建坪)をお選びいただけます。何人で生活されるかなど、お家に欲しい広さは様々です。 ご要望の多い30坪前後を中心に、20坪~40坪まで幅広い大きさのお家をお選びいただけます。

選べる建物の大きさ

無駄のないシンプルなかたち

総2階(直方体)の家を基本とし、無駄なコストを省きます。
同じ大きさの建物でも、建物の形によって家をつくるコストは変わってきます。次の2つを比べてみてください。

無駄のないシンプルなかたち

メンテナンスを安易にした住まいづくり

◇自由度の高い間取りプランが、ご希望の場所に壁や扉を配置

スケルトン・インフィルとは建築方式の1つで、後から動かすことのできない壁や柱や梁と言った骨格の部分を「スケルトン」、 住居内の内装や設備機器等、後から交換可能な部分を「インフィル」と呼び、この2つを分けて考えることによって間取りの自由度を高くし、 ライフスタイルや家族の成長に合わせて自由にお部屋を変えられ、メンテナンスを容易にした住まいづくりのことです。 オープンな間取りを標準とし、欲しいところに壁や扉を配置できます。

メンテナンスを安易にした住まいづくり

選べる屋根材

◇カルバリュウム鋼板を標準採用。お好みに合わせて瓦材も。

屋根材には軽くて耐久性もあり、デザイン性に優れたガルバリウム鋼板を採用し、屋根形状は片流れ、切妻を標準としています。また、お客様のお好みに応じて瓦材などさまざまな屋根材をお選びいただけます。

選べる屋根材

選べる外壁材

◇ガルバリュウム鋼板を標準採用。ご希望に応じて天然素材の漆喰や窯業系サイディングも。

外壁材は、紫外線による色褪せに強く、軽量で断熱性に優れた金属サイディングを採用。腐食や変化が少ないばかりでなく、モダンな家やナチュラルな家にもよくなじむ素材です。また、お客様のご希望に応じて、漆喰壁や窯業系サイディングなど様々な外壁材をご用意しています。

選べる外壁材

高性能な窓で快適な室内

◇アルミと樹脂の複合サッシを標準採用。お好みに応じて木製サッシ等も。

窓は建物全体の表面積の2~3割の面積を占める重要な部分です。窓に求められる性能は、断熱性はもちろん光の入れ方や風の取り入れ方も大切な要素です。 断熱面ではアルミと樹脂の複合サッシを標準とし、お好みに応じて木製サッシや樹脂サッシをお選びいただけます。 また、ガラスはペアガラスにプラスして1階の窓には防犯ガラスもしくはシャッター付を標準としています。 サッシは、何十種類もあるサッシの中から、光の入れ方、通風や視線、気密性を考慮して、「引違い窓」「FIX窓」「縦すべり窓」「横すべり窓」を標準に採用しています。

高性能な窓で快適な室内

選べる断熱材

◇高性能断熱材を標準採用。羊毛断熱材や発泡ウレタン断熱材もお選びいただけます。

断熱材は現場の施工品質がすごく重要な部材です。 いくら品質が良くても隙間だらけの施工では、せっかく暖めた空気がどんどん逃げていってしまいます。 厳密な施工基準の元、高性能断熱材を標準としています。 断熱性能にプラスアルファの機能を備えた羊毛(ウール)の断熱材や水で発砲するウレタンフォームもお選びいただけます。

選べる断熱材

選べる断熱材

選べる断熱材

天然の無垢材を採用

◇構造材には、京都府産の桧や杉を標準採用。

床材のも京都府産の杉材を標準採用。その他に桧やナラなども選んでいただけます。昔から、家はその土地の気候に合った素材でつくることが良いとされてきました。高温多湿の日本の環境で、何十年、何百年と育った木材は高温多湿の気候に対する耐性が備わっているため、耐久性に優れた木材になり世代を超えて住み継がれる丈夫で長持ちする住まいが出来上がります。また、地元産の木材を使い、地元の山を手入れすることで、洪水や渇水の緩和やCO2の削減機能など多くの公益性を持ち、豊かな森林資源の管理にもつながります。

天然の無垢材を採用

天然の無垢材を採用

天然の無垢材を採用

また床材は毎日肌にふれるとても大切ところ。そんな大切な部分には、本物の材料が求められます。特に天然木のなかでも床材に適した15㎜厚の天然無垢材の杉を採用しています。針葉樹ならではの柔らかさが、素足にぬくもりと心地よさを伝えます。また、清潔感のある材面は年月を経て飴色に変化し、杉特有の美しさを味わうことができます。

選べる壁仕様

◇漆喰や和紙クロスを採用。ビニールクロスは一切使用しません。

家の中で大きな面積を占める壁や天井の壁紙。その為、ビニールクロスは一切使用しません。その理由は、ビニールクロスは湿気を通さず、有害物質を排出するからです。そのため、調湿効果や空気の浄化効果のある漆喰を採用しています。又、主原料に和紙を使ったクロスを採用しています。収納内部や、トイレ・洗面所の天井にはモイスを使用、モイスは調湿作用があるのはもちろん、有害物質や、臭いを吸着、分解します。

選べる壁仕様

選べる壁仕様

選べる壁仕様

室内建具

木楽な家には既製品の建具は似合いません、手作りにこだわっています。なるべく天井までの高さの建具にしています。
杉の無垢材を使ったり、和紙を貼ったり…。

室内建具

室内建具

分かりやすい価格

◇価格ルールを設け、不透明な価格表示を無くしています。

建物をカスタマイズしてもすぐに価格がでます。なぜならば、木楽な家の価格は固定費と変動費で構成されています。固定費と変動費という言葉は会社の会計でよく使われる言葉です。例として、1ヶ月の生活費に当てはめてみましょう。

分かりやすい価格

このようになります。固定費とは必ずかかる費用、変動費とは活動により増減する費用の事です。
家づくりにおける固定費と変動費とは何でしょうか?家計と同じような事が家づくりにもあてはまります。

分かりやすい価格

このように表すことができます。これをグラフであらわすと

分かりやすい価格

このようにして家の価格は決まります。
価格のルールをつくることで、不透明な価格の表示が明確になりより早く家の価格をご提示できるようになります。

セミオーダー注文住宅「木楽な家+(プラス)」の設備・性能
毎日の暮らしを彩り、快適で安全な環境を保つための高性能仕様

[キッチン/KITCHEN]  国内メーカー・輸入キッチン・逸品手作り造作キッチン

[キッチン/KITCHEN]  国内メーカー・輸入キッチン・逸品手作り造作キッチン

家づくりは、家族団らんの場所であるLDKを中心に考えられます。そしてLDKの中心となっているのがキッチンです。キッチンを考えることは暮らしを考えること。デザイン性や収納力、健康を考えたものなど、様々なライフスタイルのキッチンがあります。 バラエティー豊かなラインナップからお好みに合わせてお選びください。

[浴室/BATHROOM] [トイレ/TOILET] 国内メーカー

[浴室/BATHROOM] [トイレ/TOILET] 国内メーカー

[浴室/BATHROOM] [トイレ/TOILET] 国内メーカー

システムバス
防水性や断熱性に優れたシステムバスを採用しています。お好みに合わせて選んでいただけます。

トイレ
少ない水量で効率的に洗浄(節水)水垢汚れをはじく素材を使用しているので、お手入れも楽々です。

[洗面台/WASHSTAND] 国内メーカー・輸入品・逸品手作り造作洗面台

[洗面台/WASHSTAND] 国内メーカー・輸入品・逸品手作り造作洗面

機能性を重視して選んでいます。
また、ホテルライクなデザインや水栓、ミラーなどこだわりの洗面スペースもご提案します。

[給湯設備/HOT WATER SUPPLY]  国内メーカー

[給湯設備/HOT WATER SUPPLY]  国内メーカー

[給湯設備/HOT WATER SUPPLY]  国内メーカー

省エネに優れた、エコジョウーズを採用。
もちろんオール電化にも対応できます。

[照明器具/LIGHTING DESIGN]  国内メーカー

消費電力の少ないLED照明と建築デザインの邪魔をしないシンプルな照明を提案しています。

[照明器具/LIGHTING DESIGN]  国内メーカー

[照明器具/LIGHTING DESIGN]  国内メーカー

[床/FLOOR] 京都府産他無垢材

[床/FLOOR] 京都府産他無垢材

木楽な家+(プラス)には杉の床材が良く似合います。 杉は傷つきやすいし、汚れやすい。それでも薦めるのは、温かさです。 広葉樹である、カバやメープル、オーク材は堅いので傷つきにくいがその堅さゆえ「冷たく」感じます。 しかし、堅木の床材や、合板の床材もいつかは傷つき汚れます、表面がピカピカゆえ傷や汚れも良く目立ち古くなっていきます。 逆に杉板は日に焼けるほど深みを増し、人が歩くほど表面が磨かれてゆき、最初は100点に及びませんが、気持ち良く古びて行きます。 手ごろなコストを兼ね備えて断熱性や柔らかさを持ち、香りもとてもいい、杉の床材を標準仕様にしています。 お好みによってはその他の床材も選んでいただけます。(合板の床材はNGです。

[窓/WINDOW] リクシル・YKK

[窓/WINDOW] リクシル・YKK

耐候性や強度に優れたアルミと、熱伝導率の低い樹脂(プラスチック)を組み合わせたインテリア感覚でセレクトする断熱サッシです。アルミ×樹脂と言うコラボレーションにより高次元のパフフォーマンスを実現しました。

[玄関ドア/ENTORANC DOOR] リクシル・YKK・木製玄関戸

[玄関ドア/ENTORANC DOOR] リクシル・YKK・木製玄関戸

[玄関ドア/ENTORANC DOOR] リクシル・YKK・木製玄関戸

断熱性にすぐれた構造の玄関ドア、冬場は「冷気の侵入」や「暖気が逃げる」のを抑え、夏場は「暖気の侵入」や「冷気が逃げる」のを抑えます。気密、水密性能にも配慮して、ほこりや雨の侵入を抑制します。ドアは、住宅の素材であること、あくまで住宅のパーツとしてのドア であること、シンプルを極めた美しさで選びます。

[玄関ドア/ENTORANC DOOR] リクシル・YKK・木製玄関戸

[玄関ドア/ENTORANC DOOR] リクシル・YKK・木製玄関戸

[玄関ドア/ENTORANC DOOR] リクシル・YKK・木製玄関戸

[玄関ドア/ENTORANC DOOR] リクシル・YKK・木製玄関戸

[玄関ドア/ENTORANC DOOR] リクシル・YKK・木製玄関戸

断熱性にすぐれた構造の玄関ドア、冬場は「冷気の侵入」や「暖気が逃げる」のを抑え、夏場は「暖気の侵入」や「冷気が逃げる」のを抑えます。気密、水密性能にも配慮して、ほこりや雨の侵入を抑制します。ドアは、住宅の素材であること、あくまで住宅のパーツとしてのドア であること、シンプルを極めた美しさで選びます。

[外壁/OUTER WALL] ガルバリュウム鋼板を標準採用。ご希望に応じて天然素材の漆喰や窯業系サイディングも。

[外壁/OUTER WALL] ガルバリュウム鋼板を標準採用。ご希望に応じて天然素材の漆喰や窯業系サイディングも。

[外壁/OUTER WALL] ガルバリュウム鋼板を標準採用。ご希望に応じて天然素材の漆喰や窯業系サイディングも。

[外壁/OUTER WALL] ガルバリュウム鋼板を標準採用。ご希望に応じて天然素材の漆喰や窯業系サイディングも。

外壁材は、紫外線による色褪せに強く、軽量で断熱性に優れた金属サイディングを採用。腐食や変化が少ないばかりでなく、モダンな家やナチュラルな家にもよくなじむ素材です。また、お客様のご希望に応じて、漆喰壁や窯業系サイディングなど様々な外壁材をご用意しています。

[基礎/SOLID FOUNDATION] より頑丈な鉄筋コンクリートベタ基礎とより通気性の高い換気工法

[基礎/SOLID FOUNDATION] より頑丈な鉄筋コンクリートベタ基礎とより通気性の高い換気工法

[基礎/SOLID FOUNDATION] より頑丈な鉄筋コンクリートベタ基礎とより通気性の高い換気工法

基礎の立ち上がりの部分は、基準の120mm巾を上回る150mm巾とし、より頑丈な基礎が家をしっかり守ります。 また、基礎内の床下換気を確保するために、基礎パッキン工法を用いています。 基礎パッキン工法とは基礎と土台の間に通気性のあるパッキン材を挟むことで高い通気性を確保し建物の耐久性や建材の持つ性能を十分に発揮させます。

[柱・梁・土台/POST BEAM GROUNDSILL]  ~Made in Kyotoへの思い~

構造材は、京都府産の桧・杉を使用。京都と言う土地で生まれ育った木材なので、京都の気候風土に順応し非常に反りや我に強く、扱いやすいといった特性を持っています。

[柱・梁・土台/POST BEAM GROUNDSILL]  ~Made in Kyotoへの思い~

[柱・梁・土台/POST BEAM GROUNDSILL]  ~Made in Kyotoへの思い~

[シロアリ対策/TERMITE CONTROL]

[シロアリ対策/TERMITE CONTROL]

[シロアリ対策/TERMITE CONTROL]

モアテックのつくる家の土台や柱にはカビやダニが発生しにくく、シロアリを寄せ付けない、良質の無垢のヒノキ材を使用。また、防蟻処理剤は、人体には無害なホウ酸(エコパウダー)を使用、室内に成分が放出することもなく、効果が半永久テクに持続します。

品質管理

◇家づくりを支えるのは職人

品質管理

住まいが完成するまでには、多くの人との関わりや知識・経験・技術が存在します。住まいを「カタチづくる」までには、一つ一つの仕事を高いクオリティーで完結させなければなりません。そのためには、レベルの高い品質管理が求められます。モアテックの職人たちは一つのプロジェクトチームとなり、一棟一棟丹念につくりあげていきます。その中で、常に施工マニュアルをより良いものにして、これでもか、これでもかと、日々進化して、基本性能やクオリティーを向上させることが出来ます。

◇第三者機関による検査

平成21年10月1日から新築住宅の引き渡しに、資力確保措置(保険の加入または保証金の供託)と、それにともなう第三者機関による検査が事業者に義務付けられました。万が一建物に重大な欠陥が見つかってしまって補修や建替えが必要になった場合に、販売した事業者が建替え不可能だった場合や倒産して事業者が不在の場合でも、必要な費用を購入者が負担するような事態にはなりません。モアテックでは、義務付けされる以前から、検査機関による適正検査を行っています。お客様がより安心して住宅を取得出来る万全の環境を整えております。

◇第三者機関による検査

◇第三者機関による検査

◇100年耐久住宅

天然の無垢材を構造に用いた建築物は、歴史ある神社仏閣の木造建築でも明らかなように、数百年にも及ぶ頑丈さを証明しています。モアテックの使用する柱・梁・桁・土台・大引などすべての構造材は、含水率20%以下にした良質の乾燥材を使用。各部材はコンピューター制御で工場生産された精度の高いプレカット材。確かな素材選定と先進のテクノロジーにより構造部分の強度と制度をさらに高めています。長期優良住宅への対応も可能です。住宅ローン金利や税金が軽減されます。

◇100年耐久住宅

◇100年耐久住宅

◇耐震設計 耐震等級を選ぶのはあなたです。

耐震等級と言うものは、そもそも施主にわかりやすく建物の耐震性能を表現できるように制定されたものです。なので、例えどこぞのハウスメーカーの標準の仕様が耐震等級2だからと言って、施主側が必ず耐震等級2で建てる必要はなく、耐震等級1にしたい、3にしたいということは、本来施主側から伝えるべきものなのです。だから、「耐震等級のことはよくわからない」など
実際に、耐震等級の概要がわかってくると、「こんなところに柱が来るぐらいなら、耐震等級1で良い!」とか、「予算を掛けても、安全な確率が高いほうにしたい」などということが、ある程度判断できるようになり、より納得した家づくりが可能になります。もちろん、耐震等級についてすべてのことを把握すると言うことは無理がありますので、専門家の意見は参考にするとよいのですが、最終的には施主であるあなたの希望を伝えることが大切です。

一般的に耐震等級の目安とされる基準については以下となります。
□耐震等級1-建築基準法と同程度の建物
□耐震等級2-等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる
□耐震等級3-等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる

◇耐震設計 耐震等級を選ぶのはあなたです。

※建築基準法に制定されている建物(耐震等級1)とは「想定される地震」と「被害」を次のように見ています。
○数百年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度6強から震度7程度)地震に対して、倒壊・崩壊しない。
○数十年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度5強程度)地震に対して、損壊しない。

モアテック3のメリット

家づくりに感じる「価値」を高め、「不安」解消する。

モアテック3のメリット

モアテック3のメリット

それぞれのメリットの部分をうまく取り入れる事で、家づくりの不安を解消しました。

楽しいライフスタイルを創る

[木楽な家]

建ててからが本当のお付き合い

[安心のアフターサービス]

安心の家づくりサポート

[セミナー・勉強会]

建築工房 木楽な家 株式会社 モアテック
〒616-8384 京都市右京区嵯峨天龍寺造路町2-1
電話 075-873-2281 Fax 075-873-2276
HP http://www.more-tec.com Email office@more-tec.com

お問い合わせ

資料請求・お見積り・ご相談