老後のことも考えた家づくり

家づくりをするときに、多くの方が新しい家で生活をはじめた直後のことや子供の成長に応じて、各部屋の使い方などを想像して間取りを考えるかと思います。もちろん、目先の生活を考えるのも必要です。

しかし、いずれお子様が成長して独立、近々会社を定年退職したりなど夫婦だけになったときの生活を考えておいたほうが良いかと思います。

子供が出られて、夫婦だけとなった直後は大きな問題はありませんが、年をとらない人はいません。みんな年をとり、体力も落ちてきます。老後のことを考えずに家づくりをすると、とても長い期間不都合を感じながら生活しければいけません。

例えば、2階のベランダに洗濯物を干す間取りになっている場合、重い洗濯物を持って階段を上がっていくことはとても大変で危険も伴います。また多くの家が2階に子供部屋がありますが、大抵、老後はたまにしか足を踏み入れない物置になります。子供部屋を必要以上に作りすぎてしまうと全く使わない部屋ができてしまうことになります。

足腰が弱まってしまい2階に行くのが難しくなってくると、1階を増築される方も少なくありません。せっかくお金かけて部屋を作ったのにその部屋は使わずにまたお金かけて別の部屋をつくる。

人生のうちに何度もマイホームを購入できるわけではありません。家づくりの際には、老後のこともしっかりと考え、バリアフリーや家事動線の短さなどが考えられる間取りにするといいかもしれませんね。

バリアフリーを考慮した間取りは、足腰が弱まってきているシニア世代の転倒防止の為に、室内はできるだけ段差をなくした方が良いです。また廊下やトイレ、浴室にも手すりが設置されてると安心です。もし車椅子になってしまったときのことも考えて、廊下の幅なども通行できるか確認が必要ですね。

長い人生のなか、誰もが健康で生活し続けたいと願うものです。しかし加齢とともに、体力が落ち、身体能力が衰えるのは自然な流れです。若い時には快適だったマイホームが「暮らしにくくなってきたな」と感じるかもしれません。何十年先の将来の心配をするのは難しいですが、老後も快適に暮らすためには、このようなことを考えて家づくりすることをおすすめいたします。