お客様の声

  • TOP
  • お客様の声

お客様の声

Q1. モアテックとの出会いは何ですか?

以前、両親と同居者の二世帯住宅を建てていただきました。

Q2. 住宅探しを始めたきっかけは?

次男が生まれ、長男も自分の部屋がほしい年頃になってきたので戸建て住宅がほしくなりました。 緑が多く、閑静な環境である嵯峨が気に入っていたので嵯峨を中心に土地探し始めました。土地探しからモアテックさんにお願いしました。

Q3. モアテックの対応・印象はいかがでしたか?

以前から存じていましたが、いつも何事にも親切で丁寧な対応をしてくださいます。家を買うというのは自身のライフステージの中でも大きな出来事です。不安になることもありましたが、その度に事細かに説明してくださり安心することができました。打ち合わせも丁寧にしてくださり、スモールステップでじっくり考えたり選んだりしながら家づくりすることができました。吉田さんだけでなく、他の設計士さんや現場監督さんなどどなたも気さくな方ばなりで、本当によくしていただきました。家が完成した後も、不具合や気になることがあると早急に対応してくださいます。アフターケアも抜かりなく丁寧に対応してくださり感謝するばかりです。

Q4. 何が決め手となって当社に決められましたか?

吉田さんの人柄です。お仕事に忠実で誠実な人柄に以前から「次も家を建てるなら絶対に吉田さんにお願いしたい!!」と夫婦で決めていたので、他のハウスメーカーや工務店は考えていませんでした。また吉田さんはお洒落です。普段の服装から「お洒落やなぁ!!」と両親も私達夫婦も憧れていました。それは住宅の設計に関しても同じで、流行最先端でお洒落な住宅を提案してくださいました。とても優しいお人柄で家族みんな吉田さんが大好きです。

Q5. 要望されたことは?

要望されたことは?

要望されたことは?

家づくりでこだわった点を教えてください。
  • とにかく収納スペースを多くしてほしい
  • 建ぺい率が低いが部屋数がほしい
  • シューズクローゼットがほしい
  • 脱衣所は大きく、洗面ボウルの横にカウンターがほしい
  • そのカウンターの下をくり抜いてゴミ箱を置きたい
  • リビングは広く明るくしてほしい
  • 対面キッチンで収納が見えないように扉をつけてほしい
  • カウンターの下にモザイクタイルを貼りたい

など、この他にも数多く要望しましたが全て叶えてくださいました。 自分たちの興味関心のあるところは事細かにお願いしましたが、それ以外の外観などに関しては全く無知でした。 その度に、パンフレットなどでイメージを確認してくださいました。私たちの好みに寄り添い、素敵なセレクトでご用意いただきました。 

Q6. 家づくりでこだわった点を教えてください。

家づくりでこだわった点を教えてください。

モザイクタイルやガラスタイルが好きなので、玄関やトイレ、リビング側のカウンター下などに使いました。リクシルのタイルは素敵ですが値段も張ります。 そんなときで「好きなのを選んでいいよ!!」と言ってくださりびっくりしましたが、本当に嬉しかったです。 また、主人の要望は「トイレは広く」でした。はじめの設計では標準サイズでしたが、何とか要望を叶えようと策を練ってくださいました。 下駄箱側の奥行きを調整してくださり、トイレ側のスペースを広げました。そんな奇策に驚きです。

Q7. 実際の住み心地は?

デザイン性機能性共に優れた住まいにしていただき、毎日とても快適に過ごさせていただいています。

Q8. 一番のお気に入りの場所はどこですか?

一番のお気に入りの場所はどこですか?

みなさんが褒めてくださるのは玄関です。「広いね!」って言ってくださるのですが、これも吉田さん。
「玄関は家の顔だから広いほうがいいですよ。」と一番最初に助言頂きました。ガラスモザイクが協調されるようにニッチにライトをあしらってくださり「ホテルみたいだね!」と言われます。

Q9. これから家づくりを始められる方にアドバイスをお願いします。

設計してくださるのがモアテックさんであれば、遠慮なく自分のイメージや思いを伝えることだと思います。 何とかしてくださいます!それが不細工だったりすると正直に「ちょっと・・・」と言ってくださいます。 それに代わる素敵なアイデアをくださいます。信頼できる方と一緒に家づくりができたことに本当に感謝しています。



社長から一言。
私としてもモアテックの会社の良いところ、家の良いところ見ていただき、引き渡しの後までお褒めの言葉を頂戴し建築会社の代表者としても大変光栄に思います。 これをはげみにこれからも施主・施工者の間を越えられるようすべてに取り組んで行きたいと思います。

北海道のお父様が太鼓判を押した。CCFスタイル!

インタビュー

インタビュー

大津市在住で、北海道出身のH様、ご家族は打ち合わせさせていただいた時は、ご夫婦とお子様2人+お腹の中に小さい命が一人でした。 お父様は北海道で建築業を営んでおられますので、家で大切なのは何かを解っておられます。しかしH様は一度も建築に携わったことはなく、お父様の相談されました。 ですが、滋賀県まで北海道から工事に来られるわけもなく考えておられると、某ハウスメーカーの業者会の全国大会で知り合った、滋賀県の電気屋さんにしました。 {なぜ、全国展開されている某ハウスメーカーに頼まなかったのはさておき}その電気屋さんはモアテックの協力業者さんでもあったので。断熱や気密に詳しく、ちょっとおしゃれなお家を建てている、工務店がありますと、モアテックを紹介してくれました。それでも心配だったお父様、初回面談時には北海道から飛んでこられ(お孫さんの顔を見たかったとおっしゃってましたが)打ち合わせにどうせきされました。

インタビュー

お父様は建築のプロとして心配されていることを率直にお話いただき、私共も一つ一つお答えさせていただき、この工務店なら大丈夫だと思っていただいたようでした。 その時の、CCFスタイルを説明させていただき、その性能や考え方に納得していただき、モアテックの家ともども採用の運びとなりました。

H様もおっしゃってましたが、冬の家は外がマイナス何十度にもなるのに、北海道の家のほうが断然温かいそうです。滋賀の家に帰ってくると、とても寒いそうです。 それに、暖かさの質も違うようで、北海道のお家はぽかぽかと体の芯から温かいそうですが、滋賀の家は、体の表面だけが温かい感じがするそうです。 その感覚を解消できるのもCCFスタイルの特徴の一つです。

その後は、奥様が主導権を取り、たくさんの住宅雑誌の切り抜きや、ご自分で書かれた図面等で適格にイメージを伝えていただいたので、イメージ通りのプランが出来上がりトントン拍子で着工の運びとなりました。

お家紹介

非常にシンプルで無駄のないプランニングです。

無駄がなくシンプルということは、耐力壁が無駄なく配置でき構造力がアップ、材料の無駄が無い、手間の無駄かなくなる、すると建築コストが抑えられる、そして、生活導線も良くなると、良いことづくしと言うことです。

CCFスタイルの室内機も1階はリビングカウンターの下、2階は階段ホールの飾り棚の下にと、違和感なく収まっています。

一般的に浴室1坪タイプ、洗面所1坪の大きさが多いのですが、H様邸は、浴室を少し小さくして、洗面所を大きくされて収納を確保されています、洗面所に置けたら便利なものって結構あるようです。

お客様からモアテックへ

とにかく、父親が気に入ってくれたことが一番ですが、そして何より住み心地が快適です。
いままでのいえはなんだったんだろうと思うような快適さです。

冬はポカポカと温かく。夏も非常に涼しいのです。
光熱費も、高くなく家計にもやさしいです。

知人で、新築する人がいたら、間違いなく進めますね。

北海道のお父様が太鼓判を押した。CCFスタイル!

インタビュー

インタビュー

以前住んでいた家は、築100年の京町屋。

冬は、エアコンを入れても、ストーブを焚いても全然温かくならない。部屋でも厚着をしていないと、寒くて寒くて。
電気代も、ガス代もバカになりません。
夏も風通しが悪くて、蒸し蒸ししていました。

冬は暖房を切ると室温は即、外気温と同じになる。同居している母も高齢になり、体調やヒートショックが心配になってきました。夏も扇風機だけでは熱風です。一日中エアコンが入っている状態です。その時にモアテックさんのCCFスタイル体感見学会に伺いました。その快適さと冷暖房費の安さに驚き、同居する母親にも安心、安全な家で暮らしてもらいたいという気持ちで、24時間冷暖房出来る、CCFスタイルの家に決めました。

お家紹介

お家紹介

1階は、お母様が暮らしやすいように寝室の周りに、水回りすべてを集めました。2階もなるべく間仕切りを無くし1階と2階に分かれていても、なにかしら人の気配が感じられるような間取りにしてあります。2階は小物や本・DVDなどをたくさんお持ちなので壁面だけでなく間仕切りにも収納をしつらえ、やわらかく部屋を区切ってあります。内装の床は、杉の間伐材を利用した無垢フローリングと白色の壁と、原色の内装ドアをアクセントに木の素材感を感じるナチュラルでモダンな住まいです。

お客様からモアテックへ

資金計画から住宅ローンの相談の手続きや土地探し・プランニングの細かいところまで私たちと同じ目線で相談に乗っていただいたのも、初めての家づくりで安心してモアテックさんにお願いできました。現在は、夏でも冬でも極楽に居るような心地よさです。たいへん、快適な家を造っていただき、ありがとうございました。もちろん、光熱費が安くなったことも!!

居心地よく、住みやすい家に生まれ変わりました。

インタビュー

インタビュー

「使いやすいレイアウトの家にしたい」というのがYさんご夫婦の希望。知人からモアテックを紹介され、話を聞く誠実な態度や、暮らす側の目線に立った姿勢と提案に共感された。そこからは施主と施工者の共同作業が始まり、見事希望のY邸が完成した。

閑静な住宅街の一角、ひと際存在感のある重厚な外観をもつY邸。立て替え前は純和風の豪邸で、広大な敷地内には池があり、まるでお屋敷のような家だったという。しかし、見栄えは良いものの、住んでみると使いにくい間取りと、快適さに不満があったという。それを和モダンのデザインに一新し、住む人間が快適に暮らせる邸宅に生れ変わった。

インタビュー

一番、奥様を喜ばせたのは、居心地のよさと暮らしやすい環境だった。特に3台のファンヒータに灯油を入れる日課から解放されたことが大きい。「とにかく、朝が起きるのが寒くて辛かった。灯油を入れ忘れていた時なんて最悪でした」と振り返る奥様。一般家庭よりかなり広い邸宅の大きな悩みは冬の寒さ。一部屋を閉め切って暖を入れると寒さは防げるが、一歩、部屋を出れば廊下や洗面所、浴室はまるで冷蔵庫の中のようだったそうだ。
それが今や訪れた友人が「玄関まで暖房(夏には冷房)入れてるの?」と言われるくらい家の隅々まで冷暖房なしでも快適な状態が保たれている。「外断熱(遮熱)」「床下放熱」「空気循環」を複合させるモアテック独自のシステムを導入することで、冷暖房がある所とない所の差を生じさせない家を実現可能にしたためだ。

お家紹介

中庭を作ることでどの部屋も自然光が差し込み、全室が南向きの部屋になった。中でも障子を開ければ、日本庭園が見渡せるふた間続きの和室は特にこだわった満足の空間だ。襖に施された雅びな和紙や天井の檜、欄間の模様など風格のあるしつらえは、まるで高級旅館の一室にいるよう。襖を外せば、たちまち大広間になり、来客の数に応じてフレキシブルに使え機能的だ。

Y夫妻にとって嬉しかったことは、施工者であるモアテックに何でも相談しやすかったこと。

モデルルームを見るのが大好きなY夫妻にとって思い描く理想は高く、しかも妥協はしない。タイルや床、壁紙にいたるまで、納得いくまでこだわる。「モアテックさんには最初から最後まで何でも話ができ嬉しかったです。また、私たちの希望に無理があると、別の提案をしてくださったり、住む側にたったアドバイスをもらいました。本当に感謝しています」とお褒めのコメントをいただいた。

お客様からモアテックへ

Y夫妻がモアテックを選んだ理由

まるで、自分の家のように親身になって相談にのっていただいたことが一番ありがたかったですね。お陰さまで満足のいく設計となり、家全体が快適な住居が完成しました。お人柄と確実な腕を見込んで、別荘もお願いしました。今後も長いお付き合いになりそうです。

お問い合わせ